2009年07月21日

V作戦データ回収

ターン19〜21 連邦編

オデッサに隣接するヨーロッパ−1に侵攻を受けてます。ジオンのモビルスーツにこちらのザコユニットを一掃されてしまいました。飛行ユニットを盾にして量産ガンタンクで応戦するしかないです。
さらにタイヘイヨウに進入されました。トリントンから援軍を送り出します。

宇宙もいまだルナツーの隣りエリアの3カ所で交戦中です。すでにエリア攻略よりも交戦継続に重点を置いています。交戦中にしておけばとりあえず攻められることはないですから。それぞれグワジンに乗ったドズル、キシリア、デラーズがいますので、彼らを足止めしていると思えばいいんです(?)

マチルダをホワイトベースの補給に向かわせます。

マチルダ
「リード中尉以下のサラミスの乗組員、避難民の病人など35名は引き取ります。ホワイトベース、モビルスーツについてはなんの決定も知らされておりませんので現状のままです。なお、今までの戦闘記録はレビル将軍の命令によりコピーを頂きます」
ブライト
「しかし、マチルダ少尉、わかりません。なぜ僕らも船も現状のままなんですか?」
マチルダ
「さあ。レビル将軍はホワイトベースが現状の戦闘を続けられるのなら、正規軍と同じだと言ってました。今は連邦軍だってガタガタなのですからね。私だってレビル将軍の依頼でここまで来ただけです。参謀本部とは関係ありません」
ブライト
「で、次の補給は受けられるのですか?」
マチルダ
「さあ。このジオンの制空権を脱出できれば、なんとか」
「ともかく、連邦軍にもあなた方を見捨ててはいない人がいることを忘れないでください」
090721-180435.jpg090721-192715.jpg


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。